平成29年1月18日(水)鹿児島県酒造会館にて平成28酒造年度鹿児島県本格焼酎鑑評会審査が行われました。

平成28酒造年度鹿児島県本格焼酎鑑評会審査

出品酒

原料別 製造場数 出品点数  
さつまいも 85 167  
黒 糖 17 33  
8 8  
26 26  
136 234 実場数 102 場

審査員

審査長 熊本国税局鑑定官室 室   長 戎   智己
  主任鑑定官 相澤  常滋
  県工業技術センター 部   長 瀬戸口 眞治
  主任研究員 安藤  義則
  技術補佐員 亀澤  浩幸
  鹿 児 島 大 学 教   授 髙峯  和則

 

本格焼酎鑑評会の目的

鹿児島県の特産品である本格焼酎の酒質の向上を図ることを目的としたものです。
県下製造工場の製造技術は円熟化しており、更なる技術の向上と品質のレベルアップ、
そして新製品の開発を図るため例年業界を挙げて取り組んでいます。

 審査の方法

口に含む前の香りで、原料芋の欠点がないか、もろみの発酵や蒸留において問題がないかを確認。
また、口に含んだとき、甘みがどのくらいあるか、味の濃さなどを確認、
最後に口から吐いた時に、渋味や苦味がどのくらいあるかを確認します。

鑑評会の歴史

昭和29年〜 焼酎乙類鑑評会を実施

昭和48年〜 焼酎鑑評会の名称で実施

 

審査長からの講評

今年の甘藷製焼酎は非常に品質の高いものが揃っていました。
今年は芋の出来が非常に良く、
原料芋による欠点が全くと言っていいほどみられませんでした。

また、製造の技術も年々高くなっており、
製造により起因する欠点も見受けられませんでした。
そのため、審査は優劣の付けづらい難しいものとなりました。

今年のもうひとつの特徴として、原料芋の品種の多様化、
製造方法の新たなチャレンジなどによる品質の向上、酒質の多様化がみられました。
鹿児島の焼酎をお客様により楽しんで頂くという
酒造メーカーの想いが込められた焼酎になっています。

鑑評会表彰式

  • 日時 平成29年2月10日(水) 午後3時30分
  • 場所 城山観光ホテル ロイヤルガーデン

なお、入賞者の発表は、当日行います。

2017年1月20日 金曜日 掲載

《関連記事》