未成年者飲酒防止・飲酒運転撲滅 鹿児島県下街頭キャンペーン2016

 

鹿児島県酒造組合は、鹿児島県卸売酒販組合、小売酒販組合連合会と共に4月25日に「未成年者飲酒防止・飲酒運転撲滅 鹿児島県下街頭キャンペーン」を行いました。

後援:鹿児島県、熊本国税局、鹿児島税務署、鹿児島市、鹿児島県警察
協賛:(株)ファミリーマート、(株)ローソン

今年も多くの人数が一致団結し、鹿児島市天文館公園にてセレモニーが行われた後、のぼり旗・プラカードなどを掲げ、道行く人へチラシ・ティッシュなどを配り、繁華街天文館まで呼びかけ運動を行いました。

今回は、熊本地震災害義捐金募金の活動も行いました。
集まった金額は、24,584円でとなり、日本赤十字を通じて寄附されます。

未成年者の飲酒防止及び飲酒運転の撲滅は、飲酒する人だけでなく、お酒を造る人、売る人、その他地域の方々皆様で取り組んでいくことが大切です。これからも、回を重ねる毎に一人でも多くの方に知って頂けるよう活動して参ります。

薩摩焼酎、奄美黒糖焼酎の旗のもと、未成年者飲酒防止・飲酒運転撲滅に取り組んでいきますのでご協力宜しくお願いします。

2016年5月3日 火曜日 掲載

《関連記事》