鹿児島焼酎&ミュージックフェスin代々木公園

 

2018年6月16日(土)~17日(日)、東京の代々木公園ケヤキ並木で開催。来場者は2日間で4万3千人。

鹿児島市と渋谷区は、観光・文化交流協定を締結しており、新たな連携イベントとして、鹿児島の焼酎と渋谷区のシンボルでもある代々木公園で、焼酎と音楽を組み合わせたイベントを実施し、焼酎好きだけではなく音楽好きも呼び込むことで、来場者の間口を広め、より多くの人に鹿児島の焼酎を知ってもらうことを目的として実施したものです。

蔵元37社が参加し、来場者に自社の焼酎PRとともに焼酎の美味しさを熱く語りかけていました。
また、参加できない蔵元15社から提供された焼酎を、鹿児島県酒造組合ブースで来場者に試飲していただきました。

初めての試みに、来場者からの評価は高く、次回を期待する声も聞かれていました。

 

2018年6月22日 金曜日 掲載

《関連記事》