薩摩酒造株式会社 さつま白波
会社名 薩摩酒造株式会社(さつましゅぞう)
代表銘柄 さつま白波(さつましらなみ)
代表者名 本坊 浩幸
所在地 〒898-0025 鹿児島県枕崎市立神本町26
電話番号 0993-72-1231
FAX番号 0993-72-5554
ホームページ http://www.satsuma.co.jp/

蔵元史

当社は昭和11年薩摩合同酒精株式会社として鹿児島県枕崎市に創業。
当時は「薩摩乙女」という銘柄を主に生産し、昭和24年薩摩酒造の現社名に改称。
当時従業員は十数人、販売量は360キロリットル程度であった。
昭和28年より現在も主力銘柄として製造している「さつま白波」の販売を開始し
当時鹿児島県外ではあまり親しまれていなかった芋焼酎を
「ロクヨンのお湯割」「酔い覚めさわやか」というキャッチコピーで
芋焼酎の飲み方や魅力に重点を置いて市場の開拓に努めた。

想い

薩摩半島の南端に位置する鹿児島県・枕崎市。
かつおの水揚げで有名な東シナ海を望む温暖なこの町が「さつま白波」のふるさとです。
この町がある南薩摩地方は、焼酎づくりに大変恵まれた条件が揃っています。
それは原料のさつまいもの名産地であること。
収穫時期が限られ、保存が難しいさつまいもは収穫後すぐに使用することでおいしい焼酎が造られます。
当社の製造工場はすべてさつまいも畑に囲まれて建設されており
掘り立ての新鮮なさつまいもを使用しています。
またシラス台地によって良質の地下水が湧き出しており
芋焼酎づくりに最高の環境の中で、「さつま白波」を送りだしています。

試飲見学情報

見学施設名:明治蔵
かめ壷や木桶蒸留器など南薩摩に伝わる
伝統的な焼酎づくりの設備や道具を実際につかっての仕込み光景が見学できます。
また、天気のよい日は遠くの島々まで見渡せる地上20mの望楼も今年10月より見学可能。

所在地 〒898-0025 鹿児島県枕崎市立神本町26
お問い合わせ先 TEL 0993-72-7515