蔵元一覧

奄美 有限会社松永酒造場

蔵元紹介

蔵元の歴史

創業は昭和27(1952)年。奄美群島の日本復帰を見越した初代・松永清(きよし)が、伊仙町鹿浦の港町に黒糖焼酎の酒造場を開いたのが始まりだ。
 創業時の銘柄は、所在地の鹿浦に因む「まる鹿」。清氏が経営を担当し妻のタケ子が杜氏(とうじ)を務める夫婦二人三脚の商いだった。昭和38年、杜氏のタケ子が急逝。娘玲子は、タケ子の代理で来ていた沖縄出身の杜氏のやり方を見て「これではだめだ、私が造る」と杜氏を追い返し、母の跡を継いで自ら杜氏の任に就いた。初代杜氏のタケ子に始まり、二代目の玲子、三代目の晶子と、この蔵では代々娘が杜氏の職を継ぐ。

会社名 有限会社松永酒造場
(ゆうげんがいしゃまつながしゅぞうじょう)
代表者名 代表取締役 松永 晶子
代表銘柄 奄美
住所 891-8321
鹿児島県大島郡伊仙町阿三1283-1
TEL 0997-86-2070
FAX 0997-86-2828
  • 有限会社松永酒造場
  • 有限会社松永酒造場
  • 有限会社松永酒造場

代表銘柄 奄美

代表銘柄にかける想い

昭和40(1965)年より奄美酒類での共同瓶詰体制へ移行し「まる鹿」の銘柄は廃止され、現在は松永酒造場ほか五つの蔵より奄美酒類へ原酒を移出し、ブレンドのうえ「奄美」「煌の島奄美」などの銘柄で商品化されている。

奄美
工場見学

繁忙期の2月がおすすめ。櫂を入れるなどの「仕込み体験」ができるかもしれません。

名称 有限会社 松永酒造場
所在地 鹿児島県大島郡伊仙町阿三1283-1
連絡先 0997-86-2070
見学時間 要予約
事前連絡の要否 要予約
TEL 0997-86-2070
FAX 0997-86-2828
ページ上部に移動