みしま焼酎 無垢の蔵 | 鹿児島本格焼酎を楽しむ みんなの鹿児島焼酎 | 鹿児島県酒造組合
鹿児島本格焼酎を楽しむ みんなの鹿児島焼酎
読み込み中

鹿児島本格焼酎を楽しむ みんなの鹿児島焼酎

鹿児島県酒造組合公式サイト

焼酎図鑑

焼酎図鑑

蔵元紹介

蔵元紹介

KURAMOTO INFO

  • facebookでシェアする
  • twitterでツイートする
  • LINEで送る

みしま焼酎 無垢の蔵

鹿児島エリア
みしま焼酎 無垢の蔵
⿅児島県三島村は⼈⼝374名(2019年8月時点)、⼈⼝減少や⾼齢化、といった課題を抱えている⽇本最⼩規模の村です。
三島村は⽵島・硫⻩島・⿊島の三島の島からできていて、そのうち1島の黒島に地域おこしを目的として「みしま焼酎 無垢の蔵」が新設されました。(2018年9月稼働開始)
全国的にも珍しい公設公営の焼酎蔵で、島のさつま芋と⽔を使って焼酎を造る「焼酎プロジェクト」に取り組んでいます。
焼酎プロジェクトは三島村⺠と三島村役場、鹿児島本土の⽼舗の焼酎関連企業の人々が連携することで成り⽴っています。
まず、原料となるさつま芋・ベニオトメは、⽼⼈会・さつまいも耕作農家が中⼼となり、栽培を⾏います。春の育苗・植付から秋の芋収穫・選別までの多岐にわたる作業を、2005年から⾏ってきました。
そして、村役場はプロジェクト推進や休眠農地の開拓等を行い、役場職員自身も焼酎蔵で勤務して実際に焼酎製造にあたります。焼酎製造場は、島民と役場職員や地域おこし協力隊などの移住者が交ざって仕事をする場所になっています。
また、本プロジェクトでみしま焼酎無垢の蔵で焼酎を造るにあたり、濵田酒造様を始めとした⽼舗の焼酎製造関連企業様の技術支援をいただいており、皆様の支えによって焼酎プロジェクトは運営されています。
鹿児島県114番目の焼酎蔵です。国の制度を活用しているため年間10klしか製造できない縛りがあります。720ml(4合瓶)で1万本ほどしか造れない貴重な焼酎です

坂元 巧斉

杜氏
みしま焼酎 無垢の蔵 杜氏の坂元です。
2017年4月に鹿児島県の小さな離島黒島に移住をして、芋栽培・焼酎製造・販売を行っています。
芋焼酎は昔から多くの三島村の人々に愛され、かつて主食でもあったサツマイモの栽培技術は、人口減少・高齢化が著しく進む現在まで脈々と受け継がれています。
無垢の自然や村の文化と共に生きる黒島での生活すべてが焼酎製造に生かされています。
黒島の水、気候、人々が生み出した私たちの焼酎を是非お試し下さい。

焼酎銘柄紹介

みしま村

みしま村

三島村のまさに無垢の島にふさわしく、みしまの海と山を連想させるハーブやミントの様の爽やかな香りをはじめに感じます。口に含むと、芋焼酎特有のさつまいもを蒸した時のふんわりとした柔らかい香りと麹由来の香りが特徴として現れます。
呑み込もうとすると、原料であるベニオトメ特有の小豆のような香り、綿菓子の様な甘香ばしい香りと、ほのかにイチゴやサクランボを思わせるフローラルな甘い香りへと変化します。
黒島の山頂付近から湧き出る水は、成分としては軟水であり、甘く澄んでまろやかです。この湧水の影響と思われるように、味わいは、ふわっと柔らかい甘味を感じ、舌をコーティングするかのようにトロッとした感触となります。そして最後にはキレが良く後口はとても爽やかです。
詳細を読む

工場見学

仕込みの時期は10~12月ですので、仕込みの時期は焼酎蔵1、2階の見学スペースからの見学になります。仕込み以外の時期は製造スペースに入り、設備を間近で見ることができます。
名称 みしま焼酎 無垢の蔵
所在地 鹿児島郡三島村大字黒島204番1
工場見学の連絡先 09913-3-2345
見学時間 平日の9:00~17:00
事前連絡の要否 事前連絡が必要です
TEL 09913-3-2345
FAX 09913-3-2345

蔵元情報

黒じょか
Copyright © 2021 Kagoshima Shochu Makers Association.