11月1日は本格焼酎の日

平成3年の11月1日、浅草の「花やしき」を借り切って、本格焼酎探検隊の活動報告会をかねた盛大なイベントが催されました。
会場は本格焼酎がかもし出す熱気と下町情緒豊かな出し物とで初冬の寒さを吹き飛ばすほどの盛況でした。
その日が『本格焼酎の日』だったのです。

昭和62年9月、九州で本格焼酎業者の会議が開かれた時、本格焼酎を広くアピールするための節日を制定することになりました。
毎年8~9月頃仕込みが始まり、その年の『本格焼酎ヌーボー』すなわち縁起のよい新酒が飲めるようになるのが11月1日前後だということから衆議一決、その日が決まりました。

また全国の土地神様が出雲大社に集まるため留守になるので10月を神無月といいますが、11月1日は神様がお国へ帰るめでたい日に当たり、本格焼酎が毎年新しい芽を出す節日としてふさわしいといえます。
この日が「いい月いい日」と読めるのも偶然ではないような気がします。

  • 薩摩焼酎

    薩摩焼酎

    「薩摩焼酎」は、
    ボルドー、コニャック、スコッチなどと同じく
    WTO世界貿易機関の協定に基づく
    産地指定を受けました。

    MORE

  • 奄美黒糖焼酎

    奄美黒糖焼酎

    「奄美黒糖焼酎」は、
    2009年2月6日に
    奄美大島酒造協同組合の地域団体商標として
    登録されました。

    MORE

関連イベント

毎年11月1日には鹿児島市で本格焼酎の本場である鹿児島県の蔵元が一同に会すイベントが開催されています。

イベント報告

ページ上部に移動